有名美大偏差値一覧ランキング5位の文星芸術大学について

文星芸術大学美術学部の偏差値

文星芸術大学美術学部の偏差値

栃木県宇都宮市の文星芸術大学は、1999年4月1日に開学した私立大学です。

「三敬精神」をモットーとして、学業を通じて人格を育成すると共に、総合的な判断力と歴史的な変化への適応能力とを培い、創造的で自律的に行動できる人間性豊かな人材を育成することを目的としています。

こんな文星芸術大学では、1学部1学科として孤立した専門分野として存在するのではなく、各専攻間の人的交流や横断するカリキュラムの設定を通して、総合されたパワーを発揮できる人材の育成を教育目標としています。

このために、「アート専攻」・「デザイン専攻」・「マンガ専攻」と専門分野は3つに分かれていますが、美術学部としてのカリキュラムがそれぞれに用意されています。

ちなみに、不合格者が少ないため合格率が50パーセントとなる偏差値帯が存在しなかったので、文星芸術大学の美術学部の偏差値は「BF」です。

文星芸術大学美術学部の特徴

文星芸術大学美術学部の特徴

栃木県宇都宮にある文星芸術大学は専門分野を越えて学習する事で美術の広さを学び様々な専門分野を学生一人ひとりが授業を組み立て一人ひとりを大切にしたカリキュラムが特徴となっており基礎表現力やデジタルスキルを習得していきます。

美術学部には総合造形専攻をはじめデザイン・マンガ専攻があり、豊かな造形性を追求し明確なメッセージを発信できる新時代の表現力を育成する総合造形専攻やトップクラスのイラストレーターやデザイナーの教員による徹底指導を受ける事ができるデザイン専攻。

そしてマンガ専攻では優れた芸術を世の中に伝えるプロフェッショナルを目指すコースとなっており、個別指導で一人ひとりの作品世界の創造をサポートしています。

文星芸術大学美術学部の学費

文星芸術大学美術学部の学費

文星芸術大学の美術学部には、総合造形専攻、デザイン専攻、マンガ専攻があります。どの専攻も学費は同額です。

学費は、前期と後期合わせて授業料840,000円、施設設備費250,000円、教育充実費150,000円、実験実習費100,000円、合計670,000円です。

入学手続き時に、入学金300,000円と合わせて970,000円を支払います。後期分の学費670,000円は、9月に支払います。

支払いが難しい場合は、奨学金制度や国の教育ローンが利用できます。また、文星芸術大学指定のオリコの提携教育ローンもあります。

オリコが学費を大学に直接立て替え払いし、保護者または本人がオリコに返済します。申し込みに年収や学力の制限はなく、利用しやすくなっています。

こういった学費支援を利用すれば、お金の問題であきらめずに進学を目指せます。